2018/07/30
骨盤の開き

 

【骨盤の開き】

骨盤の動きには様々なバリエーションが存在します。

今回は特徴的で、身体に影響する「骨盤の開き」のパターンについてお伝えしたいと思います。

骨盤が開くとは、
・左右の坐骨が外へ移動する(左右腸骨の上方が接近する)
・仙骨が前傾する
などの状態です。

骨盤が開いている状態で固定されると次のような悪循環に陥りやすくなります。

・坐骨が外へ開くことで、坐骨周囲につく骨盤底筋群が常に伸ばされた状態になり筋力が低下します(ゴムを伸ばし続けることで張力が弱くなるようなイメージ)
→腰痛、尿失禁などの原因になります。

・坐骨が外へ移動するために、股関節においては大腿骨頭も外方へ変位し、下肢において外側荷重になりやすい
→O脚、変形性膝関節症、荷重バランス低下の原因になります。

・仙骨が前傾となることで、腰椎も前弯方向に変位し、腰椎の可動性が低下しやすい
→腰痛や大腰筋などの体幹筋の機能低下に繋が
ります。

このように、腰痛や下肢の疾患に影響します。
改善のためには腰椎や股関節といった骨盤の動きと関連深い骨の動きをちゃんと出せるようにしていくこと、また関連する筋の柔軟性を高めることがポイントです。

当院では、骨盤矯正 筋力トレーニングを合わせた治療プログラムをご用意しております。
詳しくは当院までご連絡ください。

池田(石橋、井口堂、鉢塚、荘園、豊島、住吉、天神)・豊中(蛍池)・吹田・箕面(瀬川・半町)での
むちうち・交通事故治療・慰謝料・保険相談・骨盤矯正・猫背矯正・スポーツ障害・五十肩・脊柱管狭窄症・ギックリ腰・
膝痛・腱鞘炎・外反母趾・ダイエット・
筋トレ・インナーマッスルトレーニング・産後骨盤矯正・鍼治療なら
こころ整骨院石橋院
池田市石橋1-3-19
(阪急石橋駅徒歩3分)
072-761-6530