2018/04/25
子供の肘痛、肘内障ならこころ整骨院石橋院にお任せ下さい!

みなさんこんにちは!
最近暖かいどころか、暑すぎる日が続いていますが本日はあいにくの雨ですね。
こんな日は体調を崩しやすいので体調管理、温度調整にご注意下さい!

さて昨日の話ですが、地元の友人から電話があり、子供が泣いている。
恐らく肘が抜けたからどうしたら良いと相談の電話がありました!
みなさんも一度は耳にした事があるのではないかと思われますが、【肘内障】と言う症状です!

肘内障とは子供が手を引っ張られた後などに、痛がって腕を下げたままで動かさなくなります。
主に、手のひらを下に向けたままでダランと手を下ろしている状態になります!
子供によって様々ですが、大抵の場合は異常な泣き方、痛がり方、触らせてくれない状態になります!
一般的には手を繋いだ状態で、親御さんが引っ張った際に起こる事が多いとされていますが、今回の友人のケースの様に、お子さんがぶら下がっている状態でもなる事があります!
肘内障とは肘の関節の親指側の骨が靭帯で繋がれていますが、そこから抜ける、要は脱臼状態を指します。
整復(抜けた骨を元の位置にはめる)するとさっきまでの泣き方が嘘の様に泣き止み、触らしてくれますし、自分から動かしますね!

ただ同じ外見から見たら同じ症状でも、転倒時に見られたケースは要注意です!
同じく親指側の骨ですが骨折を認められるケースがあります!
その際は脱臼とは全く違うので同じ事をしても痛みは引きませんし、むしろ骨折部がより酷くなる事もあります!
要注意ですね!

何よりも肘内障で注意が必要なのは、小さいお子さんの体はまだまだ未発育で大人の力とは凄く差があります!
手を引っ張っただけと言っても、子供からしたら大人の力は相当なものです!

引っ張って抜けたものは間違いなく親御さんの責任です!

お子さんとお出かけ、お散歩の際は愛のあるお手手繋ぎをよろしくお願いしますね!

もし同じような症状が見られた場合は焦らず冷静になり、当院にご相談下さい!
当院で見れないケースであれば、近隣医師にご紹介させて頂きます!

よろしくお願いします!

 

池田(石橋、井口堂、鉢塚、荘園、豊島、住吉、天神)・豊中(蛍池)・吹田・箕面(瀬川・半町)での

むちうち・交通事故治療・慰謝料・保険相談・骨盤矯正・猫背矯正・スポーツ障害・五十肩・脊柱管狭窄症・ギックリ腰・膝痛・腱鞘炎・外反母趾・ダイエット・筋トレ・インナーマッスルトレーニング・産後骨盤矯正・鍼治療なら

こころ整骨院石橋院

池田市石橋1-3-19
(阪急石橋駅徒歩3分)
072-761-6530

エキテン
⬆⬆⬆⬆⬆
(ためになる情報、クーポン券 載せています)